薬局を経営したいと思い立ったら知っておくべきこと

薬局経営を真剣に考えている方へ5分でつかめる重要ポイント

将来的に薬局の経営を考えている薬剤師さん必見。

まだ就職したばかりという人も、長らく薬剤師経験を積んでいるという人もいつかは自分のお店を持ちたいなぁと考えていませんか?転職や独立には長期計画を立てることが必要です。今のうちから経営や店舗管理について学んでおけば損はありません。

薬剤師が選ぶ独立開業の方法!

男女
no.1

薬局のフランチャイズオーナーになる

どの業種でも始めやすいのがフランチャイズという形態です。経営ノウハウは教えてもらえますが、オーナーになるには下準備も欠かせません。管理薬剤師として経験を積んだあとは、新規オープンのお店へ転職して店舗の立ち上げに関わってみるのも良いでしょう。

no.2

知り合いの医師と同じタイミングで起業する

こちらも一般的な方法です。知り合いの医師が独立して診療所などを開業するとき、その隣に薬局を建てるという手法です。病院と薬局は、診察してもらった患者さんが薬をもらいに行く、という一連の流れの中に存在していますので2つでひとつと言えます。つまり信頼できるパートナーでないとお互いの売上に悪影響を及ぼす危険があります。ですから知り合いの医師とタイミングを合わせて起業することは双方にメリットがあるのです。

no.3

薬局の後継者になる

こちらは長い目で見た方法ですね。時間はかかりますが一番リスクは少ないと言えます。土台をしっかり固めてから自分の薬局を持ちたいという安定志向の人に選ばれています。後継者不足の薬局は実は多いので、薬剤師の転職サイトでマッチングをして自分に合った薬局に正社員として転職しましょう。地域の信頼を得てから店舗を受け継ぐことができるのは魅力的ですね。

薬局を経営したいと思い立ったら知っておくべきこと

店舗

コンサルティングで地域に根差した経営が可能に

薬局を経営する場合、個人で一店舗だけを経営するパターンもあれば、複数の店舗を経営していくパターンもあります。どの場合でも、強い味方となってくれるのが薬局経営に特化した経営コンサルティングです。経営をしていく上でのサポートやセミナーなども行っています。

会議

コンサルティング活用のメリット

薬局を経営していくにあたって、更新されていく情報を常に収集し、皆で共有していく必要性があります。また、人材を育成として、薬剤師だけでなく医療事務の研修も大切です。その場を設けることが可能なので、より優良な薬局づくりを目指していくことができます。

店舗

店舗管理とは?

店舗を多数展開している本部が、各店の管理を一定に行うことです。売上げから在庫の入出状況、また従業員の勤怠状況のチェックがあります。店舗管理がしっかり行われなことによって、同じ系列のお店でありながらも統一性がなくなってしまいます。展開している店舗全体の経営や運営を保つためにはとても重要です。

統制をとって安定した経営を

店舗を複数経営していくなら、しっかりと統括を取っていく必要があります。その業務を会社自体で行うだけでなく、外部に依頼することによって安定した経営を目指していくことができます。